市民の皆様の健康を守り、より良い医療・福祉・保健活動を目指します。一般社団法人我孫子医師会(千葉県我孫子市)

定期予防接種一覧

伝染のおそれがある疾病の発生及びまん延を予防するために、「予防接種法」によって定められた定期の予防接種を実施しています。
次の接種対象年齢に相当する方は無料で接種できます。
接種を受ける際には、「母子健康手帳」と郵送された予防接種ノートに綴られている「予診票(無料券)」をお持ちください。
接種対象年齢に相当しない方は、「任意接種」となり、費用は自己負担となります。
詳しくは我孫子市ホームページをご確認ください。

ヒブワクチン接種

予防疾病:細菌性髄膜炎

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
接種開始が生後2か月~7か月未満 生後2か月~5歳未満 接種開始年齢による 接種開始が2か月~7か月未満の場合
初回:27~56日までの間隔を空けて3回接種(医師が必要と認めた場合、20日の間隔でも接種可)。
追加:初回3回目の接種終了後、7~13か月までの間隔を空けて1回接種。
接種開始が7か月~1歳未満の場合
初回:27~56日までの間隔を空けて2回接種(医師が必要と認めた場合、20日の間隔でも接種可)。
追加:初回2回目の接種終了後、7~13か月までの間隔を空けて1回接種。
接種開始が1歳~5歳未満の場合
1回接種。

小児用肺炎球菌ワクチン接種

予防疾病:肺炎球菌感染症

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
接種開始が生後2か月~7か月未満 生後2か月~5歳未満 接種開始年齢による 接種開始が2か月~7か月未満の場合
初回:27日間以上の間隔を空けて3回接種(2回目、3回目の接種は1歳未満で行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。追加接種は可)。
追加:初回3回目の接種終了後、60日以上の間隔を空けて、1歳以上(標準接種年齢:1歳~1歳3か月)で1回接種。
接種開始が7か月~1歳未満の場合
初回:27日間以上の間隔を空けて2回接種(2回目の接種は1歳未満で行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。追加接種は可)。
追加:初回2回目の接種終了後、60日以上の間隔を空けて、1歳以上で1回接種。
接種開始が1歳~2歳未満の場合
60日以上の間隔を空けて2回接種。
接種開始が2歳~5歳未満の場合
1回接種。

BCG接種

予防疾病:結核

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
生後5か月~8か月未満 出生~1歳未満 1回

(1)百日せきジフテリア破傷風ポリオ混合(4種)ワクチン

予防疾病:百日せき、ジフテリア、破傷風、小児マヒ(急性灰白髄炎)

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
(1期初回)
生後3か月~12か月(1歳)まで
(1期初回から1期追加まで)
生後3か月~ 90か月(7歳6か月)未満
3回 20日~56日までの間隔を空けて3回接種。
(1期追加)
初回接種後12か月~18か月まで
1回 1期初回(3回)接種終了後、6か月以上たっていれば接種可。

(2)百日せきジフテリア破傷風混合(DPT)ワクチン

予防疾病:百日せき、ジフテリア、破傷風、小児マヒ(急性灰白髄炎)

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
(1期初回)
生後3か月~12か月(1歳)まで
(1期初回から1期追加まで)
生後3か月~ 90か月(7歳6か月)未満
3回 20日~56日までの間隔を空けて3回接種。
(1期追加)
初回接種後12か月~18か月まで
1回 1期初回(3回)接種終了後、6か月以上たっていれば接種可。

(3)不活化ポリオワクチン(単独)

予防疾病:百日せき、ジフテリア、破傷風、小児マヒ(急性灰白髄炎)

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
(初回)
生後3か月~12か月(1歳)まで
(1期初回から1期追加まで)
生後3か月~ 90か月(7歳6か月)未満
3回 20日以上の間隔を空けて3回接種。
(追加)
初回接種後、12か月~18か月まで
1回 初回(3回)接種終了後、6か月以上たっていれば接種可。

注意!
(1)のワクチンを接種する方は、(2)と(3)の接種は不要です。
(2)か(3)のいずれかを1回でも接種したことのある方は、原則的に引き続き(2)と(3)の接種を行ってください。


沈降DTトキソイド

予防疾病:ジフテリア、破傷風(DT)

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
(2期)
11歳
(2期)
11歳~13歳未満
1回

麻しん風しん(MR)混合ワクチン又は麻しん・風しん単抗原ワクチン

予防疾病:麻しん・風しん

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
(1期)
生後12か月(1歳)~24か月(2歳)未満
(1期)
生後12か月(1歳)~24か月(2歳)未満
1回
(2期)
5歳以上7歳未満で小学校就学前1年間にある人(年長児)
(2期)
平成19年4月2日生まれ~平成20年4月1日(小学校就学前1年間にある人)
1回 (実施期間)
平成25年4月1日から平成26年3月31日

日本脳炎ワクチン接種

予防疾病:日本脳炎

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
(1期初回)
3歳
(1期初回から1期追加まで)
生後6か月~ 90か月(7歳6か月)未満
2回 6日~28日までの間隔を空けて2回接種。)
(1期追加)
4歳
1回 1期初回接種終了後から約1年後に接種。
(2期)
9歳
9歳~13歳未満 1回 1期追加接種から6日以上の間隔で接種可。
ただし、免疫を確実に獲得するため、追加接種後4年~5年の間隔をあけて接種すると良いでしょう。

子宮頸がん予防ワクチン接種(筋肉内注射)

予防疾病:子宮頸がん

標準接種年齢 対象年齢 回数 接種間隔・接種方法及び実施期間
中学校1年生 小学校6年生~高校1年生 3回 サーバリックス(2価ワクチン)の場合
1回目を0月として1か月後に2回目、6か月後に3回目を接種(接種間隔の変更が必要な場合、1回目を0月として1か月~2か月半後に2回目、5か月~12か月後に3回目を接種)。
ガーダシル(4価ワクチン)の場合
1回目を0月として2か月後に2回目、6ヵ月後に3回目を接種(接種間隔の変更が必要な場合、1か月以上の間隔を空けて2回目、2回目の接種から3か月以上の間隔を空けて3回目を接種)。

3回とも同じワクチンを接種してください。1回目のワクチンと2回目以降のワクチンを別物にした場合の効果等は分かっていません。

PAGE TOP▲